マリア・モンテッソーリとモンテッソーリ教育法
Maria Montessori and Montessori Methd

マリア・モンテッソーリ

「子供の家」の誕生
 
 マリア・モンテッソーリは、イタリア最初の女性医学博士です。ローマ大学卒業後、
障害児の治療教育に携わり、実験心理学、教育学にも研究分野を広げました。
その間、フランスの医師セガンの著書に出会い、その理論に従って治療教育を進め、
大きな成果をあげました。
また、1904〜08年には、ローマ大学教育学部で教育人類学を講じました。
 「障害児と取り組み始めた当初から、私が用いている方法は、障害のある子どもの
教育だけにとくに限定されるものではない、と感じていました」と、マリアは書いていますが、
やがて、障害児に用いた教育法を健常児にも適応する機会が訪れました。
ローマ不動産協会が貧困層向けのアパートに保育施設を設け、その監督・指導を
マリアに任せたのです。
 こうして1907年1月「子どもの家」(現在ではモンテッソーリ教育を実践する
幼児教育施設をいう)が生まれました。
そこでの実践から生まれたのが「モンテッソーリ教育法」です。
 マリアはその後、この教育法の普及と教師の養成に精力的に取り組み、
多くの著作を残しました。晩年には、平和と子どもの生命の尊重を訴える運動を展開し、
ノーベル平和賞の候補にもあげられました。
マリアは、ファシズムを逃れて移り住んだオランダで亡くなりました。
その墓碑銘には、「愛する全能の子らよ、人類と世界平和のために、私と力を合わせよう」
というメッセージが記されています。

モンテッソーリ教育の目的と方法

○目的=自立した子どもを育てる
 モンテッソーリ教育法の基本は、「子どもは、自ら成長・発達させる力をもって生まれてくる。
大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を
援助する存在に徹しなければならない」という考え方にあります。
 モンテッソーリ教育の目的はそれぞれの発達段階にある子どもを援助し、「自立していて、
有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」
ことです。
 その目的を達成するために、彼女は子どもを観察し、そこからえた事実に基づいて教育法を
構成し、独特の体系を持つ教具を開発しました。その教育法の正しさは、現代の大脳生理学、
心理学、教育学などの成果によって証明されています。

○方法=自由の保障と環境による教育
 「子どもの家」では、子どもたちに自発的な活動に好きなだけ取り組む自由を保障し、
そのために「整えられた環境」を準備します。
「整えられた環境」とは、次の4つの要素を満たすものです。

 ●子どもが自分で自由に教具を選べる環境構成。
 ●やってみたいなと思わせる、おもしろそうな教具。
 ●社会的、知的協調心を促すための、3歳の幅を持つ異年齢混合クラス編成。
 ●子どもそれぞれの発達段階に適した環境を整備し、子どもの自己形成を援助する教師。
   ※モンテッソーリ教育においては、教師は「教える人」ではなく、子どもを観察し、
     自主活動を援助する人的環境要素です。

モンテッソーリ教育の内容
 
 モンテッソーリ教育では、子どもの内発的な発達プログラムに基づいて、次の5つを
実践課目として設けています。
それぞれの課目には、独特の体系を持つ教具が用意されていますが、
子どもは必ずしもそのカリキュラムに従って活動するわけではありません。
あくまでも子どもの自主性が尊重されます。

○日常生活の練習:Practical Life
 モンテッソーリ教育の基礎になる課目で、「運動の教育」として位置づけされています。
 2〜3歳の子どもは「模倣期」にあります。大人がする日常生活上のさまざまな動作の真似を
したがります。
 また、モンテッソーリはこの時期を「身体発達と運動の敏感期」と呼んでいます。
身体をある程度自由に動かすことができるようになり、さかんに身体を動かして
環境に働きかける時期だからです。
 この模倣期と運動の敏感期を利用して、秩序だった動き方、身のこなし方を伝えます。
子どもは自分の意志どおりに動く身体をつくり、自分のことが自分でできるようになります。
その結果、自立心、独立心が育ちます。

○感覚教育:Sensorial
 2歳から3、4歳にかけての子どもは、次の3つの発達特性を持っています。
 ●感覚の敏感期
    感覚器官を洗練させたいという発達上の要求を持ちはじめます。
    小さな物音に興味を持ったり、いろいろな物に手当たりしだいに触ったりすることが、
    その現れです。
 ●無意識的吸収精神から意識的吸収精神へ
    0〜3歳の子どもは、大人の真似をしながら、無意識的に外界のさまざまな出来事を
    吸収しています。3歳ごろから、それまで無意識的に吸収してきたものを、
    意識的に整理しようとします。
   「どうして?」という問いかけは、その現われです。
 ●知性の萌芽
    2歳ごろの子どもを見ていると、「あ、あのコップ、私のと同じ」と同じ絵柄に気づいたり、
    ばらばらになった貝殻の対を探したり、何かを大きさの順に並べたり、形別に分けたり
    することに気づきます。これらは知性の萌芽の現われです。

 感覚教育は、感覚を洗練させ、意識的吸収精神を助長して抽象的概念を獲得させ、
ものを考える方法を身につけさせることを目的としますが、モンテッソーリの考案した
独特の教具や具体物に触れる活動をとおして体得させることを目指しています。
そのために、感覚教具には、比較することを基本とした、
対にする、段階づける、仲間分けするの3つの操作法が組み込まれています。

○言語教育:Language
 モンテッソーリは子どもの言語発達について、「名称(名詞)を知ることから始まり、
その性質に関する単語(形容詞)に移り、ものの関係を表す単語(動詞・助詞)に及ぶ」
と考えました。
単語教育では、絵カード、文字カードなど、それぞれの発達段階に即した教具を使い、
話す、読む、書くの作業を通じて語彙を豊かにすることを目指し、最終的には文法や
文章構成へと進みます。

○算数教育:Mathematics
 モンテッソーリは、人間の精神の発達は、

  ●運動、感覚から抽象へ
  ●感性的認識から抽象的認識へ
  ●具体から抽象へ

 と言う経路をたどるといっています。モンテッソーリ教育法は、子どもにこの経路を
たどらせることによって、抽象的認識に至らせることを目指しています。
モンテッソーリは、「私の教育法は知性の教育です」といっています。
 抽象的・論理的な力を要求される算数教育では、特に具体物(算数棒、ビーズなど)を用いて
量を体感させることから始め、系統化された多くの教具によって細かいステップを踏みながら、
抽象へ移行します。数量概念の基礎から十進法、加減乗除へと子どもを無理なく導きます。

○文化教育
 日常生活の練習、感覚・言語・算数教育の基礎の上に立って
「わが国の地理的、文化的条件のもとで、先人が創り引き継いできた知識や生活様式を受け継ぎ、
発展させていく」ための基礎を培うことを目的とします。
 歴史、地理、生物、音楽などを主な内容としますが、それらを体系的に学ぶのではなく
身近な事物に触れたり、観察したりして、文化を獲得する態度を養うものです。